虚構のカレッジ ブラック専門学校教員の報われぬ日々 第10話「試験合格率の闇」

虚構のカレッジブラック 専門学校教員の報われぬ日々 4コママンガ

解説

僕の半生を4コママンガにしました。

作画は安定しませんが、お暇な方はご覧いただきましたら幸いです。

———————————————

知名度が低い専門学校は実績が命です。

ですが実績もまた、なかなか振るわないのが実状です。

有名大学ほど授業や講師にお金をかけられないため、馬車馬のごとく働かされる常勤教職員では限界があります。

実績が振るわなければ振るっているように見せればいい

こう考え、一つの手段として試験の受験者を制限したのです。

学内で試験を受けるための試験をし、それの合格点に達しなければ本番の試験を受けさせないのです。

そうすれば合格率は高水準に保つことができるのです。

しかし、そんなことは学生本人が納得しません。

一生懸命勉強したのに学校のボーダーラインにひっかかり、本番の試験を受けることができないなど、誰が納得できるでしょうか?

おまけ

マンガ製作動画
1.2コマ
3.4コマ
※ibisPaint Xにて製作

タイトルとURLをコピーしました