虚構のカレッジ ブラック専門学校教員の報われぬ日々 第41話「聞き役失格」

虚構のカレッジブラック 専門学校教員の報われぬ日々 4コママンガ

解説

僕の半生を4コママンガにしました。

ブラック専門学校での出来事を面白おかしくお伝えしていきます。

作画は安定しませんが、お暇な方はご覧いただきましたら幸いです。

———————————————
マシンガンをぶっ放すようにグチをこぼしまくる所属長。

ゲームでパラメーターを振り分ける時、攻撃力や魔力などプレイヤーの好きな戦い方を選んで力を振り分けますが、所属長はパラメーターを「グチ」に全振りしているようです。

仕事もろくにせず、部下にグチをダダダダッと打ち込んできます。

僕も人の子ですから、後輩に先に昇進されてすねる所属長の気持ちを考え、所属長のグチを真摯な姿勢で聞いていました。

最初は。

最初はちゃんと聞いていたのですが、それが毎日のように続くものですから、もはや聞いている僕の精神も疲弊してきました。

仕事の手も止めて聞かないといけないのに話の内容は全くもって建設的ではないもの・・

僕は所属長のグチをシャットアウトすることにしました。

そうすると心身の状態が回復し、仕事も進むようになりました。

しかし・・所属長に近かったデスクが遠くに離されてしまったのです。

私のグチを聞かぬものなど近くにいらぬ。遠くへ行け!

てなもんでしょうか。僕にとっては願ったり叶ったりですが、所属長には不信感を抱くこととなりました。

おまけ

マンガ製作動画
1.2コマ
3.4コマ
※ibisPaint Xにて製作

タイトルとURLをコピーしました