ヤフオクの出品のコツを徹底解説【初心者向け】

ヤフオク メルカリ・ヤフオク

「不要品をリサイクルショップに持って行ったけど、大した値段がつかなかった」という方は多いでしょう。

ですが、ヤフオクメルカリラクマなどのフリマアプリでは、リサイクルショップで二束三文で買いたたかれたものでも、割と高値で取引されることが少なくありません

ヤフオクメルカリラクマなどで不要になったものを売ってお金を得る。”

それらのフリマアプリを用いて新品や中古品の個人売買は、もはや多くの人にとって身近なものとなっており、たくさんの人がアプリを利用しています。

「不要品を少しでも高く売りたい」

そんな思いをお持ちの方のお役に立てるよう、私のヤフオクとメルカリの累計販売実績300件、売り上げ100万円以上の実績を踏まえた経験から、

初心者の方向けにヤフオクでの出品時のコツについて、徹底解説していきます。

少しでも高い金額で落札してもらえるようなノウハウがたくさん詰まっていますので、ぜひ最後までお読みください。


こんにちは、ひとしです。

私はほとんどの不要品をヤフオクやメルカリで出品するようにしています。

リサイクルショップに持って行くとショップ側の取り分がどうしても発生してしまうため、安い買い取り額となってしまいます。

その点、フリマアプリを利用すると、

買う人は安く買え、売る人は高く売れる

中間マージンが発生しないため、そんなことが簡単に可能になってきます。

手数料として、ヤフオクやメルカリ側に購入額(落札額)の10%を支払う必要がありますが、それを踏まえてもフリマアプリの方が断然有利です。

この記事では、フリマアプリの中でも最も歴史のあるパイオニアのヤフオクにおける出品のコツについて、各項目ごとにご紹介していきます。

少し長い記事ですが、読んで実践していくことで自由に使えるお金が増えていきますので、ぜひ最後までお読みください。

1.前提事項

前提としてフリマアプリ全般に言えることですが、「なんでも売れる」わけではありません。

やはり市場価値のないものはどれだけ安くても、どれだけ長く出品していても売れません。

ですので、「そんなものでも売れる裏技があります!」という内容ではありませんのであしからず・・

フリマアプリは購入者という相手がいて、お互いを評価し合うシステムになっている以上、出品画像や説明文で騙して高い金額で売るというのはトラブルの元ですので絶対にしないでおきましょう。

 

2.商品名の設定

商品を探している人の検索にヒットしないことには売れませんので、検索ワードにひっかかるような商品名の設定を心がけましょう。

欲しい人が探せないと、どれだけいいものでも売れないのは必然ですね。

  • 悪い例:ドラ〇もん ぬいぐるみ
  • 良い例:ドラ〇もん ぬいぐるみ 抱き枕シリーズ3 おねだりド〇えもん

※商品名は架空のものです。

このように商品名を間違いなく詳細まで記載してください。

 

3.画像が映えるよう撮影する

商品を探す基準となるのはやはり画像です。画像が綺麗に取れていないとをクリックさえされません。

その商品がその一番映えるように、角度などを考えて撮影してください。

ですが、撮影に使うカメラは普通のスマホで十分です。こだわりすぎると手間がかかりますし、それで出品自体が億劫になってしまっては本末転倒です。

また、商品はできる限りホコリや汚れを落とすなどして綺麗にしてから撮影しましょう。

 

4.不良な箇所は必ず説明文に書く

折れや曲がり、欠品、落ちない汚れなどの不良箇所は必ず説明文に記載してください。

明示しないと意図的に隠したことになり、たとえ高額で落札されたとしても後に面倒な難癖をつけられたり「非常に悪い評価」を付けられたりというリスクが生じます。

それらの対応は時間の無駄ですし、今後のやりとりに響きますので避けて通るようにしましょう。

ノークレーム・ノーリターンでお願いしていても、こちらにわずかでも非があれば相手は問答無用で詰めてきますので、誠意ある出品を心がけましょう。

 

5.質問されたら懇切丁寧に解答する

商品について質問された場合、丁寧に答えることでその人の疑問が解消されて購入につながりますし、質問と回答は誰でも閲覧可能ですので、一つの質問のやりとりをきっかけに入札者が増える可能性もあります。

ですが、既に梱包してしまって商品を確認するのが面倒な場合は、解答しないということもできます。

その場合、他の人は質問内容を閲覧することができませんので、質問者以外に「質問に解答していない」ことがバレることはありません(笑)。

 

6.商品は発送方法を考えて梱包する

商品をどう発送するかによって送料が異なってきます。

6-1.発送方法による違い

大きく「ヤマト運輸」と「郵便」に分けられますが、発送方法を誤ると結構な損をしてしまいますので、それぞれのサービスの違いをしっかり把握しておきましょう。

簡単に大別するならば、

  • 薄いものはネコポス(ヤマト)
  • 軽いが厚みがあるものは定形外(郵便)

それ以上大きくなる60サイズ以上のものであれば、少しだけヤマトの方が高く設定されています。
(※送料を出品者負担にするか落札者負担にするかでも変わってきます)

発送方法と梱包については大変奥が深く、それだけで1記事書けます。そのため、ここではこの程度で割愛しておきます。

6-2.プチプチなどで綺麗に梱包する

落札されればあとは「はいさよなら」ではいけません。

配送中に新たな折れや曲がりが発生しないよう、梱包は丁寧に行ってください。

コーナンなどにいけば梱包用のプチプチが売っています。

梱包材に1円もかけたくない気持ちもわかりますが、私の場合は梱包さえも商品の一部であると捉えており、いかに綺麗に梱包できるかを追求しています。

まあここまでは変態的な領域ですが(笑)、綺麗に梱包すれば受け取り側も嬉しいものですし、いい加減な梱包で配送中に破損等問題が生じれば面倒なことになりますので、丁寧な梱包を心がけましょう。

 

7.損をしないように価格の設定を的確に行う

7-1.売りたいものの相場を把握する

商品には全て「価格相場」が存在します。

相場より高ければ売れないし、安かったら損をします。

出品したい商品を一度ヤフオクで検索してみて、いくらぐらいで出品されているか、過去にいくらで落札されているかを確認しましょう。

ヤフオクの中でも「市場の原理」は働きますので、最終的な落札額は相場に落ち着くのが道理です。

出品した商品に需要があれば、価格は上がってきますし、需要が無ければ低価格、あるいは入札されません。

「1円スタートは最終的に落札額が高くなる」という意見もありますが、私は相場を見誤り、

1円出品して1円で落札された苦い経験がありますので、それ以降は1円スタートはやめました。

また、どれだけ長く出品していても、売れないものは1円でも売れません。

たとえ1円であっても、落札者には送料や手間がかかりますので、その手間を考えると1円でもいらないものはいらないのです。

 

7-2.自分の中で最低落札額があるなら、そこからスタートする

あなたが「この商品は高かったから最低〇〇円以上で落札されたいな」という最低落札額が決まっているのであれば、その額から出品することをお勧めします。

それで、落札されればラッキーですし、それで落札(入札)されなければまた出品すればいいだけです。

もしその額でもいつまでたっても落札されないなら、それが「その商品の現状の相場」ということですので、徐々に額を下げていきましょう。

一気に大きな額を下げる必要はありません。

しかし、下げ切ったものがどんどん入札され、最終的に希望の額に近づいたということもあるため、ヤフオクは奥が深いです。

 

7-3.送料は「落札者負担」「出品者負担」をうまく使い分ける

6の項目でも送料について触れましたが、ヤフオクでは基本的に送料は落札者負担である傾向にありますが、送料無料の方が入札されやすいことは確かです。

しかし、あなたが損しては元も子もありません。

そのため、以下の判断基準を参考にしてください。

落札者は商品自体の落札額と送料の割合が近いほど、送料が負担に感じます。

つまり、落札額が少額なものであればあるほど落札者は送料を負担に感じるのです

フリマアプリ 送料

ひどいケースでは、商品より送料の方が高いこともありますが、それほどバカらしいことはありませんよね。

逆に、落札額が数万円などの高額になってくると、割合的に送料は大して気になりませんので落札者負担にしています。(送料が3000円程度を越えるとそうは言えませんが)。

送料は商品の大きさや重さによって大きく前後しますので、一概に「こうしよう」とは言いにくいです。

一つ一つの商品ごとによく考えて、送料の負担を出品者か落札者のどちらにするかを決定してください。

 

7-4.機能で設定できる「最低落札額」は敬遠されるのでしない方がよい

ヤフオクでは「最低落札額」というものを設定することができます。

例えば「300円スタート」にして、「最低落札額を5000円」で設定すると、入札額が最低5000円に達するまではたとえ一番の高額入札者であっても落札できないようになっています。

これは入札者側が大変嫌いますので、最低落札額が自分の中であるなら上述の7-2の通り、その額からスタートしましょう。

 

8.「オークション」か「フリマ」を商品によって使い分ける

ヤフオクでは、終了日まで入札を受け付ける「オークション」と、即決価格を決めてその額で出品する「フリマ」のどちらかを選択することができます。

少しでも高い金額を目指したいなら「オークション」にし、あなたの中の最低落札額でいいなら「フリマ」にするといった基準がいいでしょう。

設定した価格が適正なら「フリマ」の方が早く売れる可能性があります。

相場の価格がほとんど固定されていて貴重ではないけれども人気のあるもの、例えばマンガなんかは「フリマ」がいいでしょう。

古本屋に持って行っても1円から最高でも150円程度で買いたたかれることもしばしばですが、ジャンプコミックスなど450円程度のものは1冊200~250円になるように即決価格を決め、送料も出品者負担にしてあげると大体すぐ売れます。

わざわざ「オークション」にしていても予想外の落札額になることはないでしょうし時間もかかりますから、スマートに「フリマ」で出品しましょう。

 

9.おわりに

以上のことをしっかりと徹底し、1つ1つこなしていけばその商品の最大限高値で落札される可能性が向上します。

私もこれらの事柄をさぼることなく実現していくことで、トータル100万円以上の売上を生み出すことができました。

これが妥協してリサイクルショップなどに持ち込んでいれば、足元を見られ二束三文で叩かれていたでしょう。

泥臭い作業ではありますが、家にある不用品を少しでも高く売りたい方はぜひ実践してみてください。

タイトルとURLをコピーしました